海外バイナリーオプション 通貨ペア(上級)

◆米ドル/メキシコペソ

あまり派手さはありませんが、知る人ぞ知る玄人好みの通貨ペアが「米ドル/メキシコペソ」です。「アメリカ」と「メキシコ」とは隣国。ということで、通貨の値動きが連動しやすいのが特徴です。また「メキシコペソ」は、金利が高い通貨のうちの1つ。その割には、他の高金利通貨よりも値動き幅が狭いため、安心してスワップ投資(金利差を利用した投資)ができる通貨と言えます。

 

※要チェックの経済指標

アメリカ 雇用統計/ISM製造業景況指数/ISM非製造業景況指数/鉱工業生産/住宅着工件数/GDP/貿易収支/個人消費支出/消費者物価指数/小売売上高
メキシコ 失業率/消費者物価指数/GDP/経常収支/貿易収支/メキシコ中銀Corto

 

 

 

◆南アフリカ/日本円

「南アフリカランド」と「日本円」を絡めた通貨ペアです。「日本円」は、世界でも1・2を争う“低金利”通貨。一方の「南アフリカランド」は、世界的にみても最高水準の“高金利”通貨として知られています。通貨同士の金利差を利用したスワップ投資で荒稼ぎするにはベストカップルと言える組み合わせなのです。 ただし、南アフリカは政治や経済の状況が不安定なこともあり、値動きを読むのは非常に難しいといえます。投資経験の浅い方が迂闊に手を出すべきではないかも。

 

※要チェックの経済指標

南アフリカ 消費者物価指数/小売売上高/GDP/経常収支/貿易収支
日本 有効求人倍率/大企業製造業業況判断/全国消費者物価指数/鉱工業生産/住宅着工戸数/建設工事受注/GDP/貿易収支/日銀短観

 

 

 

◆米ドル/トルコリラ

玄人好みの通貨ペアとして知られているのが「米ドル/トルコリラ」の組み合わせ。トルコは、Next11、VISTAに入っている“新興国”なのです。 新興国ということは、つまりこれから先を期待されている国ということで、つまりは放っておいても貨幣価値が上がっていく可能性があるのです。注目の国であるだけに、その情勢に関する情報も掴みやすいでしょう。更に「トルコリラ」は、高金利通貨ですので、新興国の中でも優良株。長期的な投資をするつもりなら、確実に押さえておきたい通貨です。

 

※要チェックの経済指標

アメリカ 雇用統計/ISM製造業景況指数/ISM非製造業景況指数/鉱工業生産/住宅着工件数/GDP/貿易収支/個人消費支出/消費者物価指数/小売売上高
トルコ 消費者物価指数/GDP/貿易収支

 

 


 

海外バイナリーオプション業者!!

24option.com(24オプション)

TRADERUSH(トレードラッシュ)

Vantage FX (バンテージエフエックス)

Smart Option(スマートオプション)

OPTION TRADER (オプショントレーダー)

OPSHOM.COM(オプションコム)

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ