海外バイナリーオプション 通貨ペア(中級)

◆ユーロ/米ドル

世界三大通貨に挙げられる通貨の中でも実質的にTOP2と言える「米ドル」と「ユーロ」の組み合わせです。世界的に最も多い取引量を誇り、FX市場全体の三分の二を占めるほどの通貨ペアです。ただし時差の関係で、相場が大きく動くのは日本時間の夕方~夜中にかけて。ですので、あまり夜に強くない方はリアルタイムな取引を行うのは難しいかもしれません。また、ポピュラーな通貨ペアであるだけに為替相場に影響を与えるような情報も数多く出回っていますが、それらは英語で書かれたもの多いため、必要な情報を拾っていくには最低限の語学力は必要となりそうです。

 

※要チェックの経済指標

アメリカ 雇用統計/ISM製造業景況指数/ISM非製造業景況指数/鉱工業生産/住宅着工件数/GDP/貿易収支/個人消費支出/消費者物価指数/小売売上高
ユーロ 業況判断指数/消費者信頼感指数/鉱工業信頼感指数/経済信頼感指数/サービス信頼感指数

 

 

 

◆英ポンド/米ドル

かつて世界を制していた「イギリス」と、現在の世界経済の中心国である「アメリカ」で使用されている通貨ペアです。基本的に「英ポンド」は「ユーロ」との関係性が深いため、ユーロと連動した値動きになることが多いのが特徴です。したがって、このペアは「ユーロ/米ドル」と似た組み合わせと覚えておくのも良いでしょう。 ただし「イギリス」は、かつて世界を制した国であること、また現代に入ってからの金融政策の成功からも、金融業が非常に盛んな国です。そこが「ユーロ/米ドル」との違い。「ポンド」だけを使用する上級トレーダーなども多いため、一度の取引で多くの資金が動くこともしばしば。値動きが激しくなる傾向があることを踏まえて取引に臨んで下さい。

 

※要チェックの経済指標

イギリス 雇用統計/小売売上高/消費者物価指数/生産者物価指数/経常収支/貿易収支/金融政策委員会/景気一致指数・先行指数/GDP
アメリカ 雇用統計/ISM製造業景況指数/ISM非製造業景況指数/鉱工業生産/住宅着工件数/GDP/貿易収支/個人消費支出/消費者物価指数/小売売上高

 

 

 

◆英ポンド/日本円

現在の世界三大通貨と言えば「米ドル」「ユーロ」「日本円」ですが、ユーロが参入する前に世界的に力を持っておったのが「英ポンド」です。ユーロにこそ加盟していないものの欧州の一国であるイギリスの通貨だけに、ユーロと似通った値動きをすることが多いですが、あくまで「英ポンド」は独立した通貨ですので、全く別の為替相場を形成しているということは覚えておく必要があります。日本のトレーダーにとって、英ポンド/円という通貨ペアは、一日の中でも大きな値動きが起こる可能性がある変動の激しい組み合わせとして人気があります。

 

※要チェックの経済指標

イギリス 雇用統計/小売売上高/消費者物価指数/生産者物価指数/経常収支/貿易収支/金融政策委員会/景気一致指数・先行指数/GDP
日本 有効求人倍率/大企業製造業業況判断/全国消費者物価指数/鉱工業生産/住宅着工戸数/建設工事受注/GDP/貿易収支/日銀短観

 

 

 

◆NZドル/日本円

「NZ(ニュージーランド)ドル」と「日本円」は、FXにおける“スワップ派”という二通貨間の金利差に注目して取引を行うトレーダーを中心に人気の通貨ペアです。「豪ドル」と「NZドル」は似通った特徴を持っていますが、「NZドル」は「豪ドル」よりも更に高金利ですので、スワップ狙いに使用されることが多いです。ただし、「NZドル/日本円」のペアには、数年に一度程度の頻度で約二倍ほどの相場差が生まれます。その時の激しい値動きに対応するためには、通貨の特徴を踏まえた上で注意深く取引を行う必要があります。

 

※要チェックの経済指標

ニュージーランド 雇用統計/消費者物価指数/生産者物価指数/GDP/経常収支/貿易収支
日本 有効求人倍率/大企業製造業業況判断/全国消費者物価指数/鉱工業生産/住宅着工戸数/建設工事受注/GDP/貿易収支/日銀短観

 

 


 

海外バイナリーオプション業者!!

24option.com(24オプション)

TRADERUSH(トレードラッシュ)

Vantage FX (バンテージエフエックス)

Smart Option(スマートオプション)

OPTION TRADER (オプショントレーダー)

OPSHOM.COM(オプションコム)

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ